5月23日  土曜日



since

「自衛隊員のリスクは高まらない」と防衛相。正気かいな、この男。(哲


as the days go by _sekihan_

Guests Online NOW :



沢木欣一

緑蔭に赤子一粒おかれたり

の句の話をちょっとしてみたら、え、一粒ってドロップじゃあるまいし、という人あり、いやでも一粒種って言うじゃないですか、という人あり、それはちょっと違う気も。しかしやはり、一粒、が印象的な句なのだろう。一読した時は確かに、赤子一粒、という思い切った表現が緑蔭の心地よさと赤ん坊のかわいらしさを際立たせていると感じたが、何度か読み下すと、たり、が上手いなと思えてくる。おかれあり、だと目の前にいる感じで、一粒、と表現するには赤ん坊の像がはっきりしすぎるだろう。おかれたり、としたことで景色が広がり、大きい緑陰の涼しさが強調される。『沢木欣一 自選三百句』(1991)所収。(今井肖子)






★どなたでも書き込めます★
 左端をクリックすると投稿フォームが開きますので、書き込んでください。書き込めないケースもありますが、ご容赦ください。例えばMac+Safariは駄目です。Mac+Firefoxでは可能です。書き込み数30以上は古い順に消えてゆきます。




  May 222015

尾崎放哉

雀のあたたかさを握るはなしてやる

かの拍子で雀が地に落ちて人の手に拾われる事がある。孤独の境地に生きる放哉も雀のを拾ってしまう。そして手のひらに温め愛しんだ。親鳥がどこか近くで鳴き騒いでいる。生き延びるには彼らの元へ送りかえさねばならぬ。名残惜しいがそっと放してあげた。お帰り、君の世界へ。人家近くに暮す雀は繁殖期になると屋根の瓦の隙間、壁の穴などに巣を作る。子が生まれ餌運びに親鳥が忙しく巣を出入りする。孵化した雛は最初は眼も開かず羽も生えていないが、15日ほどでもう巣立ってゆく。順調にゆくものもあれば落伍するものもあり、人間と同じである。他に<わが顔ぶらさげてあやまりにゆく><たまらなく笑ひこける声若い声よ><風に吹きとばされた紙が白くて一枚>などが身に沁みた。村上譲編『尾崎放哉全句集』(2008)所載。(藤嶋 務)



May 212015

能村登四郎

シャツ干して五月は若い崖の艶

子兜太のよく知られた句に「果樹園がシャツ一枚の俺の孤島」がある。揚句の「シャツ」もそうだけど、今の模様入りのカラフルなシャツではなく、薄い綿のランニングといった下着のシャツだろう。張り切った肉体の厚みをはっきりと浮き立たせるシャツは若い男性の色気を感じさせる。爽やかな風にたなびくシャツ、「若い」は五月と崖の艶、双方を形容するのだろう。なまなましい岩肌を露出させた崖の艶はシャツの持ち主である若者の張りきった肌をほうふつとさせる。若葉の萌え出る五月、美しく花の咲き乱れる五月はやはり生命感あふれる若者のものなのだろう。『能村登四郎句集 定本枯野の沖』(1996)所収。(三宅やよい)


kentop.gif

kigo.gif sakusha.gif hyoujya.gif tsukihi.gif

nini.JPG季語の他に『』や『垣根』など任意の語からも句を検索できます。下の小窓に文字を入力して「enterキー」もしくは「returnキー」を押してください。
 ただし、例えば切れ字の「かな」と「仮名文字」の意味の「かな」などとの識別はしていません。また漢字コードとの絡みで、入力した文字を含まない句が出てくる場合もあります。ご容赦を。



他のWebPageを検索するときにお使いください
Google


photo is like a dre...
By DEC.2009 Tetsuo S...

詩集『黄燐と投げ縄』(書肆山田)

清水哲男句集『打つや太鼓』(書肆山田)

清水哲男『「家族の俳句」歳時記』(主婦の友社)

清水哲男『増殖する俳句歳時記』抄(ナナ・コーポレート)


お茶も差し上げられませんが また明日日曜日にお待ちしております 

Creative Commons License
1996-2014
mirror
applemark