4月17日  木曜日



since

「阪神だって、たまには負けるさ」。一度、言ってみたかった。(哲


as the days go by _sekihan_

Guests Online NOW :



佐々木貴子

春月の背中汚れたままがよし

の月が大きい。少し潤んで見えるこの頃の月の美しさ。厳しくさえ返っていた冬月とは明らかに違う。掲載句の「背中」の主体は春月だろうか。軽い切れがあるとすると月を眺めている人の背中とも考えられる。華やかな月の美しさと対照的に「この汚れ」が妙に納得できるのは月の裏側の暗黒が想起されるからだろうか。現実世界の「汚れ」を「よし」と肯定的にとらえることで、春月の美しさがより輝きすようだ。その手法に芭蕉の「月見する坐にうつくしき顔もなし」という句なども思い浮かぶ。さて今夜はどんな春月が見られるだろうか。『ユリウス』(2013)所収。(三宅やよい)






★どなたでも書き込めます★
 左端をクリックすると投稿フォームが開きますので、書き込んでください。書き込めないケースもありますが、ご容赦ください。例えばMac+Safariは駄目です。Mac+Firefoxでは可能です。書き込み数30以上は古い順に消えてゆきます。




  April 162014

芥川龍之介

凧三角、四角、六角、空、硝子

は正月に揚げられることが多いことから、古くから春の行事とされてきた。三角凧、四角凧、六角凧、奴凧、セミ凧、鳥凧……洋の東西を含めて種類も形も多種多様だが、この時代のこの句、晴れあがった春の空いっぱいにさまざまな凧があがっているのだろう。名詞を五つならべて「、」を付した珍しい句だが、「硝子」とはこの場合何だろうか? 空にあがったさまざまな形の凧が、陽をあびてキラキラして見えるさまを、あたかも空に硝子がはめこまれているように眺めている、というふうに私は解釈する。また凧合戦で相手の凧の糸を切るために、糸に硝子の粉を塗って競う地方があるというけれど、その硝子の粉を指しているとまでは考えられない。私が生まれ育った雪国では、雪のある正月の凧揚げは無理で4、5月頃の遊びだった。上杉謙信などの武者絵の六角凧がさかんに使われていた。私の部屋の壁には森蘭丸を手描きした六角凧が四十年近く前から飾ってあり、今も鋭い目をむいて私を見下ろしている。掲句は大正5年、龍之介25歳のときの句だが、同じころの句に「したたらす脂(やに)も松とぞ春の山」がある。『芥川龍之介俳句集』(2010)所収。(八木忠栄)



April 152014

岩田ふみ子

しがみつく子猫胸よりはがすなり

年前、里親募集をしていたお宅で保護されていたのは三毛と白黒の姉妹。350gばかりの仔猫をかわるがわる抱き上げてもふわふわと頼りなく、ひしと胸にしがみつく姿は猫というより虫がくっついているようだった。細い爪をたてて、まるで「このまま連れていって」と言っているような健気な風情になんともいえない哀愁があり、結局二匹とも貰い受けた。猫姉妹はさっさと大人になり、一年でおよそ10倍に成長した。遊び相手がいつでも身近にいるので、それほど人間に甘えてこないところが少しさみしくもあるが、大人だけの暮らしのスパイスとなっているのはたしかだ。仔猫がまだ目が開く前から高いところへと登ろうとする習性は、かつて木の上で生活していた頃の安全地帯が記憶に刷り込まれているためだという。長い歴史のなかで生き残ってきた動物たちの知恵が小さな猫にも活かされている。掲句の仔猫にもどうか必要とされる家族が見つかりますように。『文鳥』(2014)所収。(土肥あき子)


kentop.gif

kigo.gif sakusha.gif hyoujya.gif tsukihi.gif

nini.JPG季語の他に『』や『垣根』など任意の語からも句を検索できます。下の小窓に文字を入力して「enterキー」もしくは「returnキー」を押してください。
 ただし、例えば切れ字の「かな」と「仮名文字」の意味の「かな」などとの識別はしていません。また漢字コードとの絡みで、入力した文字を含まない句が出てくる場合もあります。ご容赦を。



他のWebPageを検索するときにお使いください
Google


photo is like a dre...
By DEC.2009 Tetsuo S...

詩集『黄燐と投げ縄』(書肆山田)

清水哲男句集『打つや太鼓』(書肆山田)

清水哲男『「家族の俳句」歳時記』(主婦の友社)

清水哲男『増殖する俳句歳時記』抄(ナナ・コーポレート)


お茶も差し上げられませんが また明日金曜日にお待ちしております 

Creative Commons License
1996-2014
mirror
applemark